イブニングの興奮

いつものポイントへ車を走らせると既に釣り人の姿が見えたが軽く挨拶をすませ運よく
ポイントの上流側に入らせてもらった
ここ数日このポイントに通いつめていたが
DRYでの釣りにかなり苦戦したのは事実だった

ここ数日このポイントに通いつめていたのでライズする位置はだいたい読めていた
明るいうちに距離感を確かめアプローチの角度・立位置・引き出すラインの長さを事前に
決めておく事にした
ライズがはじまりいつもの霧の中での釣りだった
時折霧の切れ目からライズが見える読みは的中した
立ち位置からライズポイントまですべて完璧だった
ライズを狙って数投目だったと思う何か押さえ込むような感触が伝わった
フッキング直後5m程一気にラインを引き出され小型のレンボーだと思っていた

薄暗中でのランディング足元は滑りやく川底をまったく見えない状況慎重に岸際へ移動する
なんとか岸際まで移動し魚を引き寄せた薄暗い中でものすごい体高の魚体が見えた時
唖然としたレインボーの様な魚体のイワナだった
しばらくこのイワナに見とれてしまった
50cmに届かなかこのイワナ本流が育んだまさにネイティブ
さらに成長してもらいたいという思いを込め流れにそっと帰してやった
a0127873_126521.jpg

[PR]
by drainpipe | 2009-07-05 12:39 | Main Stream
<< 梅雨の本流 イブニングでの出来事 >>